スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WE社製 G26Cアドバンス たんからー+超小型20mmレール付きレーザー

かなり長い間、身内のごたごたやらネタ切れやらで更新をしてなかったアンモです。
友人が増えれば、問題ごとも増えるものですね。
でも幸い、アンモは喧嘩や争いには慣れっこなので争いごとは無事一時終焉を迎えました。
IMGP1432.jpg
またWE社製を買ってしまいましたww
箱にはG33と書かれていますが、
IMGP1433.jpg
中身はG26Cアドバンスです。
長い銃は余り好みではないアンモですが、今回こいつはカスタム用にパーツが欲しくて購入。
マルイ社のG26アドバンスを真似した作りなのですが、マルイ社のとは違ってマガジンアダプターが外れます。
マガジンの給弾リップはWE製G26C同様、相変わらずゆるいわけですが、今回はジャムりませんでした。
IMGP1434.jpg
IMGP1436.jpg
大きさを比較するといかにG26Cより長いかよくわかりますw
インナーバレルも多少長くなっているので、カスタムすればマルイ社のハイキャパ並みによく当たるようになるかと。
IMGP1435.jpg
サイトは前が蓄光サイト、後ろは集光サイトです。
アンバランスwwwwどうしてこのまま発売しようと思ったwww
IMGP1439.jpg
簡単に分解してみるとこんな感じです。
基本的にセーフティーが延長されているとか、細かい所以外はG26Cと変わりません。当然と言えは当然ですが。
IMGP1437.jpg
ついでにこんなのも購入。
超小型20mmレール付きレーザーサイトと、ダイレクトマウントベースです。
ダイレクトマウントベースはもうガスブロのグロックカスタムでは定番のアイテムですねw
IMGP1438.jpg
このレーザーサイトはPX4サブコンに搭載する為に昔買った物の進化系です。
しかし、何に使うのか分からない謎のストロボ機能は無くなっていますww
スポンサーサイト
[ 2013/10/01 05:26 ] | TB(0) | CM(2)

マルイ社製P226E2にツイストバレル搭載

昨日七夕だったのに丸一日クーラーと扇風機の付いた部屋でダラダラと怪談を聴いて過ごしたアンモです。
だって友人達皆仕事や大学の課題で急がしかったんですもの。
一人でお祭りなんて虚しくていく気になれなかったのです。

そして今日は仕事を終えて帰宅後、久しぶりにP226E2でしばらく遊び、余っていたP226用ツイストバレルを搭載しました。
IMGP0980.jpg
大きめな銃だけどとても手になじむP226E2。
中学生の頃、自分がよく遊んでいたトイガンは、マルイ社のP228エアーコッキングとミニ電動ガンSG550でした。
P228は社会人になる前に遊びすぎで寿命を迎えましたが、ミニ電動ガンは今でも元気です。
P226レイルを持っていた事もあったのですが、このP226E2を購入した頃に親友のプログラマー君にあげてしまったので、東京マルイ社製SIGハンドガンは今この子しか居ません。
そうなると当然とても愛情が湧くものです。
IMGP0981.jpg
まずは通常分解。
IMGP0982.jpg
バレル周りを分解。
組み立てて完成です。
バレルの長さカットして調整しなくて良いって楽で良いですねww
IMGP0987.jpg
うーん、ライフリングみたいな溝が見えにくい・・・。
でも真っ黒でリアルですねw
IMGP0988.jpg
これでアンモ部屋のツイストバレル搭載ハンドガンは三丁になりました。
IMGP0995.jpg
最近WE社のトイガンもずいぶん増えたなぁ・・・(右端はマルイとWEのハーフだけどw)
[ 2013/07/08 20:13 ] | TB(0) | CM(0)

KJワークス社製G19 樹脂製すらいど

本日二度目の更新です。
IMGP0912.jpg
KJワークス社製G19の樹脂製スライド版が約5000円で売られていたので購入。
前の持主がガス注入バルブを変更していてくれたお陰で、台湾製ガスガンに良くあるガスの入りにくさは解消されています。
IMGP0907.jpg
刻印はまったく無いモデル。
いかにもコストパフォーマンス優先な量産型って感じです。
安かったしG19は特別好きな銃ってわけでも無いので気にしないw
でもG17よりは短いから、それよりは好きです。
刻印がしっかり入っていて、しかもフルオート機能まである凄いG19はゆるほびっ!さんが紹介していますね。
IMGP0908.jpg
反対側も刻印無し。
IMGP0904.jpg
左がKJワークスG19用、右がマルイG18C用ロングマガジン
ガスルートパッキンに多少違いが有るものの、マガジンはマルイ社の物が使えます。
でもG19は中途半端な大きさなので、G18CやG17用のフルサイズマガジンを入れると中途半端な見た目になりますww
IMGP0909.jpg
ロングマガジンにすると量産型っぽさがUPしますねww
いかにも敵キャラが持ってそうww
IMGP0910.jpg
セーフティーもマルイとほぼ同じ。
IMGP0911.jpg
それもそのはず。
だって構造の殆どがマルイと一緒ですからね。
でも、それってつまり頑丈でそれなりの性能があるって事なのですから、中古で買ったアンモからすると嬉しい事です。
IMGP0906.jpg
我家のマルイ社製G26にG19のマガジンを挿すとこうなります。
ちゃんとブローバックするし、使えますが何とも中途半端な見た目ww
IMGP0927.jpg
押入れと言う名の武器庫に眠っていた十歳以上用電動ガンの、G18Cと大きさ比較。
IMGP0928.jpg
うーん・・・。微妙にG19の方が小さい。
IMGP0913.jpg
中古ですが説明書、カタログも揃ってます。
IMGP0914.jpg
威力規制に引っかかる悪名高いMK1カービンも載ってますね。
IMGP0915.jpg
説明書は注意書き以外英語です。
これは部品、展開図。
[ 2013/06/29 20:24 ] | TB(0) | CM(2)

中国産エアーコッキング ダブルバレルショットガンP608

本日二つ目の記事です。
IMGP0842.jpg
中国産ダブルバレルショットガンP608です。
お祭りの屋台で置いてありそうw
本体に英語で人と動物に撃つなって書いてあります。
いや、シールじゃダメだったの?何で刻印にしちゃったの?w
IMGP0843.jpg
プラスチックなバレルが二本。
飛距離はHOPも無いのでゴミ屑ですが、なんと中国産なのにちゃんと二発同時発射が可能です!!
しかも思ったより弾道は素直でした。
中国産ってたまに進化してたりするので、これもその一種でしょうね。
IMGP0844.jpg
BB弾装填は上部から。
中国産ショットガンではお馴染みです。
IMGP0848.jpg
安定のチャイナ刻印。

ダブルバレルショットガンと言うと、ターミネーターや映画版バイオハザード、最近だとテガミバチのザジ君を思い出します。
[ 2013/06/13 18:53 ] | TB(0) | CM(2)

KJワークス社製M9へびーうぇいと

最近銃を買うと、はしゃいで疲れて寝るという事がテンプレ化しているお子様のような社会人、アンモです。
久しぶりにトイガンネタ。
IMGP0743.jpg
アンダーレールが付いていない、可変HOP搭載のM9(M92F)を探していたらKJワークス社製を買う事に。
IMGP0744.jpg
今回買ったのはヘビーウェイトです。
実はKJワークス社製のガスガンはこいつが初めて。
台湾製のようです。
IMGP0754.jpg
とても薄い説明書。必要最低限の情報のみが書かれています。
価格安い銃だし、気にしないw
8~9000円くらいの価格で買えるのです。
IMGP0745.jpg
値段の割りに刻印もちゃんと入っていてとってもお得。
流石HWなだけあって重いです。
開封時はサービス良すぎなくらいオイルたっぷり塗られてました。
IMGP0747.jpg
通常分解。
基本的にはマルイ社のM92Fと同じ構造なので見慣れた光景ですw
IMGP0749.jpg
KJワークス社製にマルイ社製マガジンを使う事は出来ますが、マルイ社製にKJワークス社製を使うと本体へのマガジンの固定が不安定であまりお勧め出来ません。
リコイルスプリングはマルイ社製の方が長いですが、KJワークス社製の方が硬さがあります。
IMGP0750.jpg
ブローバックエンジンもほぼ同じ。
ただ、KJワークス社製の方が青くて目立ちますw
IMGP0751.jpg
ぱっと見は何でも付け替えられそうですね。
IMGP0748.jpg
でも、グリップは微妙に穴の大きさが違って付け替え不可。しかもこの状態だとマルイのシルバーは使えますが、KJワークスのブラックはまともにブローバック出来ません。
IMGP0753.jpg
セーフティーを掛けてもハンマーが戻らないのは一緒です。
IMGP0752.jpg
M9A1とM9でも撮影。
どっちもカッコいいですが、実銃もトイガンも性能はM9A1の方が上です。

M92F用パールグリップ、値段高いなぁ・・・。欲しいけど買おうか悩みます。
[ 2013/05/30 00:58 ] | TB(0) | CM(3)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。