スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小説を読んでいただく前にー

アンモの小説は基本くおりてぃー低いぞ!
暇つぶし程度で見て下さいw

・作中で多用される銃精について

アンモの小説に登場する銃精とは、トイガンに憑いた何かや、憑いたトイガンそのものを指します。
簡単に言うと妖銃です。

人工的に呪術を使って作り出されるパターンと、自然に生まれるパターンが存在しますがどちらでもあまり変わりはありません。

IMGP0374.jpg
トイガンを媒体にして化ける事で人の姿を維持した状態を“人化”
一部の銃精にしか出来ない妖精のような姿に化ける事を“精化”
元のトイガンの姿になる事を“銃化”
と、呼びます。

銃化している時は通常のトイガン同様、安全な威力のBB弾を撃ちだす事が出来ますが、ポルターガイスト現象を利用する事で撃ちだされてすぐの弾に急加速をかけて殺傷力のある弾速にする“弾速強化”と言う技も使えます。

弾速強化が行われている最中の弾は銃精の霊力をまとっている為、霊や物の怪を撃ち抜く事も可能です。

銃精と長く過ごした人間は心霊現象が見えるようになり、またそういった物に遭遇する機会が増えます。

銃精となる前の生前の記憶は人工的に作り出された銃精には無い事が多く、その為銃精の多くは所有者に対して過度の依存性があります。

人間同等の学習能力がある銃精、しかし生物でないので子を成す事も出来なければ身体的成長もほとんど無いと言えます。

トイガンとの結びつきが強い為に、憑いている者はトイガン本体が壊れれば消滅します。
しかし、逆に言えばトイガン本体の手入れ次第では人間より遥かにこの世に留まりつづけます。
スポンサーサイト
[ 2012/01/01 22:32 ] 小説の説明 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。