スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四話「死亡原因(ウブ前編)」

yon羽『死亡原因(ウブ前編)』

線香の香りがする中、俺と八神そして久しぶりに会った坂目以外の人達は皆それぞれ思い思いに涙を流していた。

俺達は別に悲しくなかった訳ではない。

あまりに突然すぎて本当の出来ごとかどうか信じられなかったのだ。

しかし、線香の香りの中で透けた身体の寂しそうな顔をした親友を一瞬見てしまった。

・・・

友輔が死んだ。

つい三日ほど前に葬式に呼ばれた俺達は、身体に一切損傷の無い友輔の死顔が忘れられずにいる。

「死因は心臓発作だと。納得の損傷の無さだが、どう思う?」

三日ぶりに再会し我家に来た坂目はテレビに写るゲームの画面を見ながらそう言った。

イーナはその隣りで、画面のダンボールに隠れる兵士を見ながら赤福を食べている。

「どう思うって、なんだよ。」

俺はグラス三つにペットボトルから麦茶を注ぎながら坂目に言う。

八神はと言うとさっきからイーナの赤福をつまみ食いしようとして尻尾で手をはたかれ続けている。

何をやっているんだあいつは…。

「俺達がよく見るようになった奴等が原因なんじゃないかって事やろ?」

しばらくして赤福を諦めたのか坂目に代わって八神が応えた。

なるほど。殺されかけた者としてはそれは否定出来ない。

ブラックな会社に勤めていたとはいえ、若い同級生が心臓発作なんて不自然だ。

「そう言えばお前は憑かれたりしてないのか?」

麦茶を注いだグラスを八神に手渡しながら画面に集中している坂目に訊くと、坂目はゲームのコントローラーを置いてズボンのポケットの中身を放り出しながら答える。

「俺を誰だと思ってやがる。霊にも光学機器は効くみたいだしな。」

畳の床に転がるライトやレーザーポインターの数々。どれも軍用の凶悪な威力の代物ばかりだ。

ライトの明るさを表す単位はルーメン(lm)だが、床に転がるそれはどれも小型ながら200ルーメンくらいの出力がありそうだ。

レーザーはクラスⅢB以上なのは確かだろう。クラスとは、国が定めたレーザーの安全基準に基く性能を表す単位だ。

現在では通常の電器屋などではレーザーポインターの販売は行われていない。

八神は麦茶を一気に飲み干し一息吐くと

「ミリオタは霊からも自分の身を守るんかい…。」

そう言いながら苦笑いする。

俺が持つ光学機器の知識も坂目が教えてくれたものだ。戦う事に関しては頼りになる。

坂目は散らかした光学機器を素早く綺麗に並べると、かさ張らないようにズボンのポケットにしまい直した。

「お前等はイーナにでも助けて貰ってたんだろ。服に隠してるそれ、ステンレス製でも全く錆びない訳じゃないから気をつけろよ。」

坂目はそう言いながらイーナの頭を撫でて立ち上がると机の上にあったグラスのうち片方のグラスの麦茶を半分飲む。

イーナは不思議そうに坂目を見上げながら赤福の最後の一個をもぐもぐして首を傾けた。

何故ナイフを隠し持っている事がわかったか不自然なんだろう。

しかし、坂目は普段からナイフの隠し方などを模索研究していたりする変じn…ミリオタなので不自然でも何でもない。

部屋の中はクーラーで涼しいが、乾燥するので喉が渇く。

俺も残った一個のグラスの麦茶を少し飲む。

「甘い物食べてたら喉渇いた。」

イーナはそう言うと立ち上がり赤福の空箱を2メートルほど離れたゴミ箱に器用に投げ入れ、俺が机に置いたまだ麦茶が半分以上残っているグラスを手に取った。

「新しいコップ持って来ようか?」

俺がそう声をかけ立ち上がろうとすると、

「ん、いらない。」

とすぐに返事をしてイーナは入っていた麦茶を飲み干す。

「ふう…海月、敵討ちしたい?」

そして一息吐いてそう言った。

・・・

電車を乗り継ぎ数時間かけてやっとたどり着いた場所は、夕方とはいえ晴れた真夏なのに蝉の泣声すら聞こえず異様に静かだった。

「友輔の遺体が発見されたのはここ、慰霊の森入口前。私が原因で友輔は見えちゃいけないものが見えるようになり、自身の力を過信してここに来た。そして憑き殺された。」

イーナはさらっとそんな事を言ってみせる。

かつて、この森の上空で旅客機と戦闘機の衝突事故がおきてそして墜落した。

それはもう大惨事で、それ以来ここは心霊スポットとして有名になり今では某掲示板のオカルトスレッドの住人ですら近付くのを嫌がる場所となっている。

「そんな事、何処で調べた?イーナ、お前は葬式にも居なかったはずだ。」

坂目は驚いた表情の後、強い声でイーナを問詰めた。

だがそれにイーナは堂々と

「別に、大した事はしてない。私は人間じゃないから憑かれない。それに霊を刺せるし弱いものなら消せる。だから、浮遊してる霊を脅して友輔について訊いただけ。」

なんて言って答える。

これは酷い。

イーナがその気になれば何処で何をしていてもすぐばれるという事だ。

だが守ってくれてるわけだから、しょうがないのだろうか?

俺が一人考えこんで居ると、イーナは側に来て

「大丈夫。本当に必要な時しかこういう手段は使わない。」

そう言う。

「…本当か?」

俺の質問にイーナは頷いて答えると、八神と坂目に手招きした。

二人がやって来ると、小声で「電車の中で作戦を考えたから聞いて」と言って俺達に屈むよう促す。

「八神達もさっきから霊みたいなのを何人か見てるかもしれないけど、あれは皆人を殺せるほど怨みとか強さとかを持ってない。つまり、友輔を死に追いやったのはもっと怖いもの。」

イーナの真剣な話を聞いて、八神が小声で「ほ、ほんまに?や、やっぱやめへん?」とか言いながらびびる。

ヘタレめ。と、言ってやりたいがまた邪視みたいなものと戦うと思うと気が引けるのは確かだ。

「さっきから赤ちゃんの泣声みたいなのが遠くから聞こえてるのがわかる?」

八神を無視してイーナは話を続ける。

耳を澄ますと微かだが、何か聞こえる気がする。

俺が小声で「あぁ。」と答えるとイーナは

「あれはウブという化物の声。巨大な蜘蛛の姿で顔は人間の赤ちゃんによく似ている。人を襲い命を奪う。ウブは生まれてすぐ死んだ赤ちゃんが母親を求める感情のあまり変化した姿。」

と、続けて言う。

ウブとは、確か福島県などに伝わる妖怪の名称だ。

一般的には妖怪と霊とは別物とされている事も多いが、見えるようになってわかる事は妖怪とは霊が変化を遂げた存在であって別物ではない。

「どうすればそいつに勝てるんだ?それが友輔を殺ったんだろ。」

坂目はそう言いながら、ズボンのポケットに入っていたレーザーポインターを一本取り出す。

イーナは頷いて答えると

「お前の母はこれだ、と言って物を投げるとウブはそれを見る。油断したウブを、私を使って海月が撃てばウブは消えて敵討ちになる。」

そう言って立ち上がった。

つられて俺達も立ち上がる。

赤ん坊の泣声は少しづつ近付いて来ているようだが、まだ距離がありそうだ。

坂目が

「俺は物を投げて呪文を言えば良いわけか。」

と言うのを聞いて八神は

「じゃ、じゃあ俺は何すればいぃんや?」

と少し震えながらイーナに訊く。

イーナは

「もし、失敗したら私が足止めして海月達を逃がす。その時は海月と坂目を連れて逃げて。」

そう言って珍しく笑顔で八神を見る。

まるで映画などでよく見る「俺が死んだら後は頼む」と言う台詞を見た後のような何となく寂しい気分になったが、作戦とおりなら失敗はしないと思った。

そしてイーナは俺達の後ろを振り返り

「…やっぱりついてきた。そこで見てて。」

と呟いて俺の手を引き、夜になり暗くなった慰霊の森の階段を歩きはじめた。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://totugekihou.blog.fc2.com/tb.php/11-92577972







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。