スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぐろっく26

グロックのガスブローバック銃と言えば、最近有名なのはマルイ社、KSC社、WE社でしょう。
小さな銃が好きな自分の家にはKSC社のG26Cと、マルイ社のG26があります。
どちらも中古購入ですが。
自分は新品の銃の方が好きです。
高額な金額を払い、綺麗な状態の銃を買う。綺麗な事は良い事ですね。
しかし、買う人が居れば捨てる人も中には居ます。
お金も貰えて物も捨てられる中古ショップ。
かつては誰かに相棒のように愛されたであろう銃達が、ショーケースの中で誰にも相手にされず朽ち果てるのを待つというのは何とも物悲しい・・・。
今、同情しちゃいましたか?
自分は同情しちゃいます。そして、好きな銃だと買ってしまったりするし、その度に
自分はなるべく、出来る限り銃を売らないようにしようと思うのです。
IMGP0215.jpg
これがKSC社製G26Cです。
グロックの名前の最後にCと付いて居るものは、だいたいフルオート機能が付いています。
このG26Cもフルオートが可能です。
IMGP0217.jpg
スライドに肉抜き加工があるのは、軽量化と、実銃では連射すると熱が発生するのでバレルを冷やす必要がある為、それの再現でしょう。(実銃のG26にはフルオート機能を持つG26Cなる物はありませんが)
IMGP0218.jpg
IMGP0216.jpg
購入した時にロングマガジンもついて来ました。
IMGP0219.jpg
こっちはマルイ社製G26です。
スライドとバレルが金属製になっていて、半田鏝でフレームが改造されています。
IMGP0220.jpg
多少適当感はあるものの、良い改良だと思います。握りやすくて滑りにくい。
それに、自分だと多分やらない改造です。とても大変そう。
IMGP0221.jpg
この子のロングマガジンは近所の古いおもちゃ屋で買いました。
ロングマガジンなんてあまり見かけないお店なのにマルイ社製グロック用はありましたw
多分G18Cの売り上げが良かったのでしょうね。

小説番外編一話更新しました!小説は過去へ書き込むようにしているのでカテゴリーからどうぞー。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://totugekihou.blog.fc2.com/tb.php/27-fcbf6c91







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。